このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
【受付】9:00~19:00
徹底解説

【2022年12月最新】
ドローン国家資格
・免許制度
最新情報まとめ!

ドローン飛行に免許や資格は必要?
どれがいいか分からない人のために民間の資格との違いも解説!

本当に12月5日に開始されるの?制度の進捗状況!

 現在、12月5日に開始される無人航空機操縦士(国家資格)の制度に関して、既存のドローン講習団体の多くが、国土交通省の登録講習機関(車で言うところの自動車学校)になるための登録手続きを行っているようですが、当初の国の想定よりも登録の審査に多大な時間を要しているため、12月5日時点で講習開始の体制が整う団体は、極めて少ない状況と言われています。

 審査が進んでいない影響により、講習や試験を行なう講師の擁立(講師研修、修了審査員研修)、受講料金や時間割の設計等も後ろ倒しになっているようです。制度自体は12月5日に開始されますが、制度開始時に実際に講習を実施できる機関が少ないため、国家資格の得希望者が実際に講習を受講できるようになる時期は、もう少し先になりそうです。

2022年12月から始まるドローンの国家資格って?
免許制度について解説!

 2021年3月に閣議決定された「航空法改正案」では、2022年12月から国家資格としてドローンの免許制度が創設されます。ただしこちらは、自動車の免許のように、操縦者全員が必ず取得しなければならない免許ではありません。航空法や小型無人機等飛行禁止法で定められたルールを守り、飛行前に国土交通省の許可・承認が得られてさえいれば、国家資格がなくても飛行できることは変わりません。

 また、既存の民間資格制度や審査システムが消滅するわけではないので、ご自身が想定される飛行に国家資格が必要かどうかを確認し、既に「JUIDA操縦技能証明書」等の民間資格を取得している方は、創設される国家資格の必要性を考慮した上で取得をご検討されることをおすすめします。

※今回創設される国家資格は、既存の民間資格からスライド式に切り替わるものではありません。

一等資格、二等資格の違いは?

今回の国家資格化に伴い制定される資格は、一等資格と二等資格の2種類があります。

一等資格(一等無⼈航空機操縦士)
「有人地帯(第三者上空)で目視外飛行」いわゆるレベル4飛行を行う場合、こちらの資格保有が要件となります。第三者の上空での飛行に関する申請が可能になるのであって、引き続き、国土交通大臣の許可・承認を受ける必要はございますので、一等資格を所有していれば、無条件で第三者の上空で飛ばせる訳ではございませんのでご注意ください。

※レベル4飛行をする際に使用する機体は、機体認証を受けなければいけません。
※一等資格は二等資格の技能証明を含みます。  


二等資格(二等無⼈航空機操縦士)
こちらの資格保有と一定の条件(機体認証)を満たす場合に、これまでも許可・承認を受けることで認められていた、いわゆるレベル3以下の飛行を行う場合、飛行ごとの許可承認が原則不要になります。

従来の規制ルールで許可申請が必要とされていた、
・人口集中地区での飛行・無人地帯での夜間飛行・無人地帯での目視外飛行・人や物件との距離30m未満での飛行などの飛行許可申請の原則不要となります。

二等資格と、JUIDA資格などの民間資格との差は「国土交通省への申請の有無」の部分ですので、現在、既存の民間資格を所有しており、航空局への包括申請で問題なく飛行出来ている方は、当面の間、民間資格だけで十分であるとも言えます。

国家資格取得のための講習時間

講習時間表

国家資格の試験内容

「無人航空機操縦士」資格の取得方法には2パターンがあります。

①指定試験機関(車でいう免許センター)で実施される「無人航空機操縦士試験」で一発試験を受験する。

②登録講習機関(車でいう自動車学校)で学科・実地講習を受講し、学科試験、修了審査をクリアした後、指定試験機関で学科試験を受験する。

試験機関は「一般財団法人日本海事協会」が指定されたことが先日発表され、案内ウェブサイト(https://ua-remote-pilot-exam.com/)が開設されました。

操縦ライセンス制度 実地試験

 実地講習の内容は、机上試験、口述試験、実技試験で構成されており、 操縦や機体の取り扱いだけでなく、飛行プラン組み立てやリスクアセスメントという項目が含まれています。 100点の持ち点からの減点方式となり、一等資格は80点以上、二等資格は70点以上の持ち点を確保した受験者が合格となります。

 特に一等資格の実技試験は、屋外でATTIモードでの8の字操縦などを行うため、 民間資格の実技試験と比較しても、かなり難易度が高い操縦が求められます。 

一等資格 実地試験内容
基本(昼間・目視内・25kg未満限定) 
https://bit.ly/3AT8cur

二等資格 実地試験内容
基本(昼間・目視内・25kg未満限定)  
https://bit.ly/3EJz1mV

操縦ライセンス制度 学科試験

一等学科試験は、70問(三肢択一式)で試験時間は75分、
二等学科試験は、50問(三肢択一式)で試験時間は30分です。

JUIDAの操縦技能コースと安全運航管理者コースを合わせたような内容で、計算問題なども含まれており、民間資格の座学問題と比べると難易度が高いものになります。国土交通省よりサンプル問題が発表されておりますので、ご参照ください。

一等資格サンプル問題集https://www.mlit.go.jp/koku/content/001520518.pdf

二等資格サンプル問題集
https://www.mlit.go.jp/common/001493224.pdf


いま民間資格を取るメリットとは?
民間資格について解説!

国家資格を取る前に、民間資格を取るべきメリットとは?

 現行の国が認定する民間資格は、取得することで国土交通省への許可申請が一部免除され、スムーズに飛行許可を取得できるようになりますが、国家資格ができたからといって民間資格が廃止になることはなく、今後も共存する見込みです。

 国土交通省HP掲載されている民間団体の資格を取得している場合、
国家資格の取得に必要な講習が一部減免される優遇があります。

※民間資格はスライド式に国家資格に切り替わるものではありません。
▼国家資格を取る前に民間資格を取るメリット

  • 最低講習時間が短縮される
国家資格講習の受講時、既に民間資格を持っている方は「経験者」として扱われるため、「初学者」と比べて最低講習時間が短くなります。
  • トータルの受講費用が安くなる
民間資格保持者の講習時間が初学者と比べて短くなる分、取得にかかる費用も大幅に抑えられるため、民間資格の受講料と合わせてもトータルで安くなる可能性があります。受講金額の支払いを、民間資格の費用と国家資格(短縮)の費用に分散できるので一括で大きな出費を避けられるメリットもあります。
  • 民間資格の保持者が優先的に受講
一度の講習で受けられる人数に限りがあります(学科は50人・実地は講師1人で5人まで)。JUIDA資格だけでも既に20,000人以上が資格を取得しているため、国家資格の取得についても、既に民間資格を保持している人が優先的に受講できる可能性があります。

そもそもドローンの民間資格は必要なの?

 ドローンの民間資格の取得は、必須ではありません。   
ドローンに関する法律や各自治体が制定しているルールは多く、法律を守らなければ書類送検されてしまうため、それらを把握しておくことは必要不可欠であると言えます。さらにドローンによって事故やトラブルを起こしてしまうと賠償金が発生するケースもあるため、民間資格の講習を通じて、知識や操縦技術もしっかりと習得しておくことをおすすめします。

JUIDA資格などの国土交通省HP掲載団体の民間資格を取得するメリットとしては、下記が挙げられます。

  • 国家資格の講習時間が短縮(≒受講費用が安くなる)
  • 航空局への飛行申請の一部を簡略化、申請通過率の向上
  • ビジネス証明として利用できる
  • 関係各所への理解が得られやすい(土地管理者や周辺住民、営業先など)
  • 技術・知識のノウハウを講習で得られる


飛行前にドローンの機体登録を行い、国土交通省の航空局からの飛行許可・承認が得なければ、殆どの場合、屋外でドローンを飛行させることはできません。屋内などの他人が絡む心配のない場所でない限りは、誰でもどこでも無許可で飛ばせるわけではありませんのでご注意ください。

どの民間資格を取るべき?国土交通省認定って?

 ドローンの民間資格にはいくつか種類があり、取得する資格によって学ぶ内容やスクール選びも変わってきます。民間資格を持っていることで申請の手続きを一部簡略化することができ、規制のある区域で飛行させたい場合にもとても便利です。ただし、国土交通省ホームページに記載のない団体から発行されている資格は、飛行申請に対応していないので注意しましょう。

ドローンのライセンスを発行している団体は国内でもいくつかありますが、実は各団体ごとにライセンスに含まれる「飛行形態」に差異があります。

飛行形態というのは「夜間飛行」「目視外飛行」など全部で9項目が含まれた航空法によって制限されているもので、この飛行形態を行う場合は国土交通省への申請手続きが必要になります。つまり、この飛行形態が多く含まれている資格ほど、国土交通省への申請手続きを簡略化できる項目が多くなるということです。

発行団体によってスクールの受講料に差がありますが、飛行形態の項目の数が、各発行団体のスクール費用にも反映されていると考えられます。より幅広い活用をしたいのなら、できるだけ多くの飛行形態が含まれたライセンスを取得できるドローンスクールを選びましょう。

「国土交通省認定」を謳うスクールが多く見られますが、現在、国土交通省が"認定"してる民間スクールや民間団体は存在しません。あくまで国土交通省のホームページ掲載団体という位置付けになります。

JUIDAとDPAってなに?ドローン民間資格を徹底比較!

ドローンライセンスを発行している代表的な民間の無人航空機の講習に関する管理団体である、「JUIDA」「DPA」についてご紹介します。

  • JUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)

日本で最初にドローンライセンス発行を開始した、国土交通省・航空局ホームページ掲載の無人航空機の講習に関する管理団体です。2022年時点で、会員数は2万人を超え、資格取得ができる認定スクールも全国300校以上を誇ります。

ドローンに関わる国内外の企業や個人、研究機関、大学、関係府省、地方自治体などが入会しており、その実績や信頼度はほかの管理団体と比較しても圧倒的だと言えるでしょう。

そして、JUIDAで取得できる資格は2種類あり、そのひとつ目が「JUIDA操縦技能証明証」です。これはJUIDAの認定を受けた全国のスクールにおいて、JUIDAが定める科目を修了した者に発行される資格です。
こちらの資格は、国家資格の講習時間が短縮される優遇の対象資格となっています。

この資格は国土交通省への飛行申請に対応しており、「物件投下」以外の8つの飛行形態を含むライセンスのため、「飛行申請書」の申請項目・提出書類などの手続きが一部簡略化されスムーズになるという特徴があります。

そしてもう一つの資格が「JUIDA安全運航管理者証明証」です。こちらは操縦技能証明証保有者の資格を持ち、飛行業務の経験を有する方を対象とした資格で、無人航空機の安全運行管理に関する基礎知識とリスクアセスメントを習得することができます。

習得すると複数のドローン操縦士がいる中でも現場監督など責任のある役目を担うことができ、公共事業や仕事の入札などでも有利に動くことがあるそうです。

  • DPA(一般社団法人ドローン操縦士協会)

ドローン航空業界の安全確保につとめ当該技術・知識の普及と諸般の研究調査を行い、ドローンの健全な発展を促進している団体です。ドローンに関連するトラブルや問題を解決すべく、ドローン操縦技術に関して認定ライセンス制度を構築しています。

DPAで取得できるのは「ドローン操縦士回転翼3級資格」です。取得するためには、DPA認定校が定める「フライトコース」「ビジネスコース」を終了することが条件となっています。

国土交通省航空局からの技術認定の9項目中、9項目全部が網羅されており、ドローンをビジネスで活用したい方にも向いています。

またインストラクター資格はドローン操縦士回転翼3級資格を持つ方を対象に、ドローンのインストラクターとして活躍できる技術や知識を習得する資格です。DPAのインストラクターを目指す方は必須の資格です。


ドローン飛行にかかる規制一覧

  1. 航空法・同法施行規則
  2. 小型無人機等飛行禁止法
  3. 道路交通法
  4. 民法
  5. 個人情報保護法
  6. 電波法
  7. 外為法 (外国為替及び外国貿易法)
  8. 産廃法 (廃棄物の処理及び清掃に関する法律)
  9. 刑法
  10. 海岸法・河川法・港則法
  11. 条例

ドローンキャンプはなぜ講習費用が安いの?

 ドローンキャンプでは、受講者様にできる限りお安くサービスを提供するため、講習にかかる固定費を抑えつつ、日程を2日間に凝縮することで、満足度の高い講習を実現しながらも、無駄なコストを下げられるよう努めてさせていただいております。

ドローンキャンプが選ばれる
3つの特徴

他のスクールとはココが違う!

一泊二日の合宿形式で
未経験でも楽しく受講!

飛行訓練の前半では、屋内でドローンを使いながら基本的な操作感覚を身につけ、操作に慣れてきたあとは、天候に応じて屋外での飛行も行い、風が吹く中での実践的トレーニングをおこないます。ただ飛ばすだけでなく、ドローンのさまざまな機能を活用した応用的な操作もたのしめるようになります。

宿泊施設や食事完備で
遠方からの参加者も安心!

遠方からお越しになる方にも安心してご参加いただけるように、一泊二日の宿泊施設や食事(4食分)等もすべて当方でご用意させていただきます。自家用車の方は会場の無料駐車場をご利用いただき、公共交通機関をご利用の場合は、駅から会場まで送迎させていただきます。

地域性を活かし安くて
お得な受講料を実現!

ドローンキャンプでは一人でも多くの方にドローン操縦の機会や可能性を手にしていただきたいと考え、地域との連携や特性を活かすことで、充実の講習環境をJUIDA認定スクールとしてはとても安くてお得な受講料金で実現しています。
金賞トロフィーの写真

受講者数No.1!
スクールアワード 2連続最高賞!
全国で唯一、JUIDA殿堂入りスクールに認定

ドローンキャンプを運営する北陸の空株式会社が、日本最大のドローン団体・JUIDAが行う「SCHOOL AWARDS 2021」において、昨年受賞したGOLD(全国最高賞)に引き続き、今年も全国307校の中で受講者数1位を獲得いたしました。史上初のJUIDA殿堂入りスクールとして、ドローン業界をリードしていきます。

地域性を活かし安くて
お得な受講料を実現!

ドローンキャンプでは一人でも多くの方にドローン操縦の機会や可能性を手にしていただきたいと考え、地域との連携や特性を活かすことで、充実の講習環境をJUIDA認定スクールとしてはとても安くてお得な受講料金で実現しています。

全国各地からご参加いただいております!

初心者、シニアの方からビジネス活用される方まで、幅広い方々が参加!
関西・東海からの受講生多数
福井県

ドローンキャンプ[北陸の空]

「ドローンキャンプ北陸の空」は、「楽しく・わかりやすく」というコンセプトを重視した合宿型ドローンスクールです。国交省航空局への飛行申請に対応しているJUIDA操縦技能証明証を、未経験からでも最短2日間で取得できます。開校5年で700名以上の卒業生を輩出している、実績あるスクールです。

全国307校の中で受講者数1位を獲得し、スクールアワード2連覇を達成!2022年度より、史上初のJUIDA殿堂入りが決定!

九州・中国地方からの受講生多数
福岡県

ドローンキャンプ[九州の空]

ドローンキャンプ[九州の空]は、福岡県田川市を拠点にしたスクールです。九州各地や中国地方からのご参加でも、2日目の夜にはご帰宅いだくことが可能で、二日間で完結できる非日常な合宿を楽しんでいただくことができます。また2日目の座学はご自宅などからオンラインで受講することも可能です。
九州JUIDA校の中で最安!業界最短2日間で楽しくお得に取得!
四国・中国地方からの受講生多数
高知県

ドローンキャンプ[土佐の空]

ドローンキャンプ[土佐の空]は、高知県大豊町を拠点にしたスクールです。高知県の魅力は、とにかく食べ物が美味しいということです。特に地元名産の海鮮料理は絶品で、合宿期間中の食事については、高知名物「カツオのタタキ」をはじめとする充実したプランをすべて当方でご用意させていただきます。

持ち物は1日分の着替えのみ!高知県への前入りする場合でも宿泊施設・交通の手配が可能!

電話お問合せはこちら

ドローンキャンプ事務局
【受付】9:00~19:00
講習の詳細や他校との違い・価格比較、JUIDA資格・国家資格制度に関することなど、お電話にてお気軽にご相談・お問合せください。

※ドローンキャンプ[土佐の空]専用窓口
☎ 070-8970-5495   (担当:イノウエ) 

メールお問合せ

講習の詳細や他校との違い・価格比較、JUIDA資格・国家資格制度に関することなど、
お気軽にご相談・お問合せください。その他、空撮やコンテンツ制作、イベント企画・共催などのご相談や取材のご依頼なども、お気軽にご連絡ください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。